Menu

事業内容

Home

事業内容

アールアンドエーの大規模小売店舗立地法

大規模小売店鋪立地法の手続きの流れ(新設)

一般的な大店立地法業務の発注過程では、核テナントの出店が確定し建物形状と駐車場配置及び敷地形状等が、ほぼ確定した段階において発注されることが多くなっております。

届出前の行政や県警との事前協議段階において、交通に関する問題は建物配置プランの大幅な変更につながりやすくなります。

騒音問題では店舗の営業時間や荷捌き作業時間帯の制約条件につながりやすい傾向があります。最近では、景観条例を施行している自治体が増えて建物や看板の彩度調整が必要となるケースもあります。

土地利用の企画段階において、想定される大店立地法上の問題点や対応策を把握しておくことは、出店条件や制約事項の事前承諾、また出店確定後の店舗配置の大幅な変更トラブル防止に大いに役立つものと考えられます。
そこで、弊社では大店立地法業務の発注に関わりなく、土地利用の企画段階において無料アドバイス情報を提供させて頂いております。

下記の無料アドバイスをご覧ください。

無料アドバイスの事例(仮想店舗)

無料アドバイスの事例

大規模小売店舗立地法届出協議総合業務

大店立地法ガイドライン対応業務

大店立地法ガイドライン対応業務

県、政令指定都市が、作成したガイドラインに基づいて、ガイドラインに沿った手続き業務を行います。

土地利用計画、建物配置計画

土地利用計画、建物配置計画

空いている土地に、商業施設を建てる場合の問題点を解決する為に、適切なアドバイスを行います。
また、建物配置計画で、建物と駐車場の配置の平面プランを出します。

開発許可申請

開発許可申請

大規模小売店舗立地法同様の、法的手続きです。
県又は政令指定都市に開発許可申請の手続きを行います。

交通計画調査関連業務

・各種交通実態調査(交通量、渋滞長、発生集中原単位等)

・交差点、駐車場等交通シミュレーション

・各種アンケート調査(買い物、市場規模、交通手段分担、商圏等)

ページのトップへ